2017年08月12日

不倫をしたらいけないということをマスコミを使い敷設し続ける昨今

516.png


W不倫 「男性が妻と旅行に...」

08/11 12:45

東京・千代田区で、同居する交際相手の男性を殺害した疑いで逮捕された女が、「男性が妻と旅行に行こうとしていた」などと話していることが新たにわかった。
大熊成錦容疑者(33)は10日未明、千代田区神田多町のマンションで、同居する交際相手の黒部一正さん(45)の胸を包丁で刺し、殺害した疑いが持たれている。
2人には、それぞれ家族がいるが、警視庁のその後の調べで、大熊容疑者が「黒部さんが友人と旅行に行くと言っていたが、実は、妻と行こうとしていた」と話していたことが新たにわかった。
警視庁は、交際をめぐってのトラブルが動機になった可能性があるとみて、調べている。


https://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00367011.html



続きを読む
posted by イマカ at 15:26| Comment(0) | 経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月17日

強姦罪(強制性交等罪)の要件にある暴行・脅迫は支配者層側からすれば今すぐにでも取り除きたいことだろう

535.png536.png537.png



性犯罪”刑法改正も 「課題はまだ残されている」(2017/06/17 05:46)

 性犯罪の厳罰化を盛り込んだ改正刑法の成立を受け、被害者らは一定の評価をする一方、「課題はまだ残されている」と訴えました。

 改正刑法では「強姦(ごうかん)罪」の名称を「強制性交等罪」に変更し、男性も被害の対象になります。また、法定刑の下限が懲役3年以上から5年以上に引き上げられ、被害者の告訴がなくても起訴できるようになりました。
 性暴力と刑法を考える当事者の会代表:「歴史的瞬間に立ち会えたことを本当にうれしく、感激しています。暴行・脅迫要件が残るということは、いまだに古い規定に縛られている」
 ただ、暴行や脅迫がないと罪に問うことができない規定は残されていて、被害者らは今後も見直しを続けるよう求めました。改正刑法は来月13日にも施行される見込みです。


http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000103343.html



続きを読む
posted by イマカ at 14:09| Comment(0) | TrackBack(0) | NWO | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月10日

不妊にならないためには社会毒の知識が必要な現代社会

530.png531.png532.png533.png534.png


既婚女性の3人に1人「不妊で悩んだ経験あり」

9日0時20分

 妊娠を希望しながら子どもができない「不妊」で悩んだ経験がある人が、結婚している女性では3人に1人だったことが、製薬会社の調査でわかりました。

 製薬会社の「メルクセローノ」が全国の20代から40代の結婚している男女およそ1万5000人を対象に、「不妊」についてインターネットで意識調査をしたところ、「悩んだ経験がある」という人は、女性ではおよそ3人に1人、男性では4人に1人にのぼりました。

 また、不妊治療の経験がある男女600人を対象にした調査では、初めての受診に「1人で行った」という女性がおよそ7割だったのに対し、男性の場合、「パートナーと行った」人が8割以上でした。

 不妊を自覚しながら、すぐに病院へ行かなかった理由としては、男女ともに「自然に任せたかった」が最も多く、次いで、女性は「費用がかかる」、男性は「自分が不妊だと認めたくなかった」でした。


http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3074464.html




続きを読む
posted by イマカ at 12:31| Comment(0) | TrackBack(0) | NWO | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月06日

子(成人でも)が何か不祥事を起こしたら親に連帯責任を押し付ける社会とは

519.png

橋爪 遼容疑者、覚せい剤使用認める

06/05 12:57

覚せい剤所持の現行犯で逮捕された、俳優・橋爪 功さんの息子の橋爪 遼容疑者(30)が、覚せい剤の使用についても認める供述をしていることが、新たにわかった。
俳優の橋爪 遼容疑者は6月2日、埼玉県内の知人宅で、覚せい剤を所持していたところを警視庁に現行犯逮捕され、調べに対し、容疑を認めている。
その後の調べで、橋爪容疑者は、覚せい剤の使用についても認める供述をしていることが、新たにわかった。
逮捕現場からは、覚せい剤を吸引するための道具も見つかっていて、警視庁は、橋爪容疑者の尿検査を行い、使用についても裏づけを進めている。
この事件を受けて、橋爪容疑者は、所属事務所を解雇されている。


https://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00360294.html





続きを読む
posted by イマカ at 09:32| Comment(0) | TrackBack(0) | NWO | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月31日

タバコは人口削減の道具ではあるが小池知事は子どもを守るという建前の条例を作り大衆を取り締まろうとしている


小池新党『子どものいる自宅での喫煙制限を検討』に喫煙者怒り! 「やり過ぎ」「放っておけ」「他にやることがあるだろ!」
佐藤英典
5日前

あと1カ月ほどで、東京都議選の公示日(2017年6月23日)である。それに向けて、各政党は早くもお互いにけん制し合っているようだ。そんななか、喫煙者にとって耳を疑うようなニュースが報じられている。

朝日新聞によると、小池都知事率いる「都民ファーストの会」は子どもを受動喫煙から守る目的で、子どものいる自宅や自動車内での喫煙に制限を設ける条例を検討しているというのだ。公共の場なら仕方がないことなのだが、プライベートな空間で自由に喫煙できなくなるのか? これに喫煙者から怒りの声が上がっており、非喫煙者からも「やり過ぎではないかとの意見がある。

・受動喫煙対策は重要だけど……

今回の都議選の公約に各政党は、受動喫煙防止条例に関する内容を盛り込んでいるそうだ。2020年の東京五輪を前に、公共の場での喫煙について一定の規制が設けられるのは、都内の喫煙者の多くが想定していることだろう。

しかし、自宅や車までとなるとかなり状況が変わってくる。そんなことを言うのなら、なぜ販売しているのか? と思わざるを得ない。そこまでやるのならいっそ、都内での販売をやめるべきではないのか? 今回の報道について、喫煙者は怒りをあらわにしている。

・ネットの声

「バカか」
「プライベートまで制限するのはまずいだろ」
「条例で決めることか?」
「行き過ぎ」
「何でも条例で縛るな」
「豊洲問題はどうなったんだよ」
「喫煙は違法じゃないだろ」
「放っておけ」
「児童虐待すらまともに対処できないクセに」
「独裁者かよ」

……など。一部の人が指摘するように、受動喫煙対策も大事なのだが、先の都知事選で掲げていたことは、どれだけ達成されたのだろうか? 豊洲移転問題はいまだに決着がついておらず、東京五輪の費用負担についても、スムーズに話が進んでいるとはいえない。そんな状況で、規制ばかりを決めていくのはいかがなものなのだろうか?


http://rocketnews24.com/2017/05/26/906161/




続きを読む
posted by イマカ at 12:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする