2018年06月16日

教職員でのロボット導入の布石

教育現場での「拉致問題」啓発進まず アニメ「めぐみ」視聴平均8%満たず 授業時間の確保に悩む
6/10(日) 8:22配信 産経新聞


 北朝鮮による日本人拉致問題への理解を深めるため、政府が教育現場に配布している拉致被害者、横田めぐみさん(53)=拉致当時(13)=のドキュメンタリーアニメ「めぐみ」の活用が進んでいないという。大阪市立の小中学校では昨年度の視聴は2%にとどまり、全国平均でも8%に満たない。背景には授業時間の確保に悩む現場の事情があるとみられる。12日の米朝首脳会談で拉致問題が提起される見通しだが、拉致問題への風化を防ぐためには教育現場での啓発が課題となっている。

■DVD配布 いまも続く問題だと知ること

 「ただ親として、とらわれの身となっている娘を助けたいだけなのです」。今月5日、大阪市立泉尾北小学校(同市大正区)の体育館で開かれたアニメ「めぐみ」の鑑賞会。家族の苦悩や懸命な救出活動を描いた25分間の映像を、児童約300人が熱心に見入った。

 道徳の授業の一環で、「めぐみ」の鑑賞会は初めての開催。スクリーンには突然幸せな日常を奪われためぐみさんや、街頭などで必死に救出を訴える家族の様子が映し出された。拉致問題を初めて知ったという6年の女子児童(11)は「自分や家族に同じことが起きたらと思うと怖い。早く解決してほしい」。小田村直昌(おだむら・なおまさ)校長は「自分と年の近い人が被害に遭い、今も続く問題だということを児童が知ることは重要」と話した。

■3万7000校に配布も、視聴は7・8%

 アニメ「めぐみ」は、拉致問題をめぐって人権教育を考える資料として、政府が平成20年以降、全国の小中高校約3万7千校に上映用DVDを配布。授業での活用を促している。ただ、上映するかどうかは校長や学校現場での裁量が大きい。大阪市教委によると、大阪市立の小中学校で昨年度に視聴したのは420校中11校にとどまった。

 全国でも同様の傾向にあり、北朝鮮に拉致された日本人を救出するための全国協議会(救う会)によると、政府の拉致問題対策本部がDVDを配布した学校の活用状況を調査したところ、今年1月までの集計で「児童が視聴した」との回答は約2890校で、全体のわずか7・8%だった。

 ある大阪市立小学校の現役教諭は「DVDが配布されているのは知っているが、通常の教育課程をこなすだけで授業時間がぎりぎりの中、活用する余裕がない」と打ち明ける。

 膠着(こうちゃく)状態が続く拉致問題に対し、若者の関心は低下しており、問題を知らない小中学生が増え、風化することへの懸念もある。

 内閣府が昨年10月に実施した「外交に関する世論調査」。北朝鮮への関心事項に「日本人拉致問題」を挙げた人は、14年以降で最も低い78・3%で、初めて8割を下回った。特に18〜29歳、30〜39歳は60%台にとどまった。

 救う会の西岡力(つとむ)会長(麗澤大客員教授)は「5人の拉致被害者の帰国から16年がたち、拉致問題を知らない若い世代が増えている」と指摘する。

■活用呼びかけ、拉致家族メッセージ掲載チラシ130万枚配布

 こうした状況を受け、政府は今年3月、拉致問題への理解を高めるよう全国の教育委員会などに通知文を送付し、アニメのさらなる活用を呼びかけている。

 大阪市では今年度から啓発に力を入れており、「めぐみ」の活用推進のほか、拉致被害者の家族のメッセージなどを掲載したチラシを約130万枚作成し、児童・生徒や市内の家庭に配布した。市教育委員会の担当者は「各校の事情や授業の進め方があり、これまで十分活用できていなかった。今年は例年以上に活用を呼びかけたい」と話す。

 西岡会長は「(拉致問題は)深刻な人権問題として伝えていかなければならず、多くの教育現場でもっとアニメの活用が進んでほしい」と話している。


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180610-00000509-san-soci





続きを読む
posted by イマカ at 15:12| Comment(0) | 教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月04日

千葉松戸女児殺害から一年経ち、その一年後に同じような事件新潟女児遺棄事件そして森友加計使いまわし報道






千葉松戸女児殺害 きょう初公判 起訴内容否認か(2018/06/04 05:56)

千葉県我孫子市でベトナム人の女の子を殺害したなどの罪に問われている男の初公判が4日に開かれます。

 渋谷恭正被告(47)は去年3月、小学3年生のレェ・ティ・ニャット・リンちゃん(当時9)をわいせつ目的で連れ去り、首を絞めて殺害した罪などで起訴されています。4日に千葉地裁で開かれる初公判で渋谷被告は起訴内容を否認し、証拠の信用性などを争うとみられています。
 リンちゃんの父親・ハオさん:「裁判で何が起こったのか、自分も確認したいです」
 父親のハオさんは「リンちゃんを忘れてほしくない」と法廷でも実名での取り扱いを望み、自らも証言台に立つ予定です。


http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000128731.html




続きを読む
posted by イマカ at 12:49| Comment(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月14日

「不審者ってどんな人?」と言われたら??

不審者のイメージといえば「サングラスにマスク」⇒大阪府警「そんな不審者いません」とツッコミ
3/10(土) 18:39配信 ハフポスト日本版

------
防犯教室で子ども達に「不審者ってどんな人?」と尋ねると決まって「サングラスにマスクをかけて」と答えます。そんな不審者はいません。子どもを騙そうとする大人は普通の格好をして、優しい言葉で近づいてきます。子どもたちには、知らない大人の甘言にだまされないことを教えることが大切です。
(大阪府警察防犯情報ツイッター/@OPP_seian より)
------

3月10日午後6時現在、リツイート数は2万9千回以上、いいね数は2万9000を超える反響がありました。

「不審者」というと、たしかに「マスク」「サングラス」などで顔を隠している人物...をイメージしやすいかもしれません。

不審者のイメージといえば「サングラスにマスク」⇒大阪府警「そんな不審者いません」とツッコミ
「不審者」のイラスト
フリーイラスト素材サイト「いらすとや」で「不審者」と検索すると、こんな画像も出てきました。

ただ「大阪府警防犯情報」の公式Twitterは「そんな不審者はいません」とツッコミをいれながら、警鐘を鳴らします。

同アカウントは、「子どもを騙そうとする大人は普通の格好をして、優しい言葉で近づいてきます」「子どもたちには、知らない大人の甘言にだまされないことを教えることが大切です」と、注意を呼びかけています。

大阪府警の注意喚起に対して、Twitterでは「昭和のほっかむりに唐草模様の風呂敷から進化してないみたい」「悪人も善人と同じ顔をしてるからね」などの反応がありました。

一方で「そんなイメージを植え付けた当事者に言われても」「そうとは限らないのでは」と、批判的な意見も。

この他にも、「知らない人について行かない、話しかけられても答えない。これも正しいのだけど、危険な人はいつも近くにいる知ってる人だったりする。本当にややこしく厄介な世の中です」と、世知辛さを嘆く声もあがっていました。


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180310-00010004-huffpost-soci


続きを読む
posted by イマカ at 18:44| Comment(0) | 経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月16日

要求するだけで逮捕される条例 全国初の施行へ そしてそれは出会いの制限に拍車をかけることになる


「自画撮り」防止条例が成立 東京都、全国初の施行へ

12/15(金) 21:38配信

TOKYO MX

 2017年最後の東京都議会は15日、最終日を迎え、18歳未満の子どもが自分の裸の画像を悪用される「自画撮り」被害を防ぐための罰則付きの改正条例が可決・成立しました。全国初の条例として2018年2月に施行されます。

 成立した改正青少年健全育成条例は、東京都内の18歳未満の少年や少女に対して自分の裸の画像を撮影して送るように脅したりする行為を禁止しています。実際に画像のやりとりがなくても規制の対象となり、違反した場合には「30万円以下の罰金」が科せられます。成立を受けて東京都の小池知事は「スマートフォンやインターネットは県や都の境がないので、東京で一つ、モデルの条例を作ったことが全国に広がることを期待している」と述べました。 

 罰則の対象となるのは18歳以上で、今回の都議会では「自画撮りを要求するのは大人に限らない」などと指摘する声も上がりましたが、都が提案した条文のまま成立しました。

 施行は2018年の2月で、自画撮りを要求する行為について罰則規定を設けた全国で初めての条例施行となります。
.

自画撮り要求に罰則 防止条例が成立

 成立した自画撮り防止条例は、18歳未満の子どもに対して「自分の裸の写真を撮って送ってほしい」などと要求した場合、たとえ相手が「嫌です」などと断ったとしても、メッセージを送った場合には要求した側が18歳以上ならば規制の対象となり、30万円以下の罰金となります。これは東京都の条例ですが、要求した側が東京以外に住んでいても規制の対象となります。

 18歳未満の少年少女のわいせつな画像や動画はこれまで「児童買春・児童ポルノ禁止法」で規制されていましたが、要求する行為は今まで対象ではありませんでした。今回の条例のポイントは「要求をしただけでも規制の対象となる」ところです。

 同様の条例は兵庫県でも12月14日に可決され、2018年4月に施行されます。

 「自画撮り」被害に遭う子どもの数は年々増えていて、条例などの効果で、全国的に抑止効果が広がることが期待されます。


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171215-00010001-tokyomxv-soci



続きを読む
ラベル:経済 政治 東京 条例
posted by イマカ at 10:24| Comment(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月29日

セクハラパワハラ等の言葉「○○ハラ」には価値はないことそして働きすぎであることに気づこう

「働き方改革」推進の裏で“ジタハラ”急増?

2017年11月28日 8時58分 STANDBY

手帳で知られる高橋書店が、「働き方改革」に関するアンケート調査(対象:紙の手帳の利用経験がある20代〜60代のビジネスパーソン730名)を実施したところ、約4割が、“ジタハラ”(時短ハラスメント)被害につながる悩みを抱えていることがわかった。この調査結果を受け、ネットで話題になっている。

“ジタハラ”とは、現場をよく知らない会社の上司などから、「残業をするな」「(仕事が終わっていなくても)定時に帰れ」と、長時間労働を改善するための具体的な対策の提案がないまま、頭ごなしに業務を切り上げるよう強制されること。

同社では、長時間労働の改善を目指した「働き方改革」が推進される一方で、仕事がまわらなくて現場がパニックに陥るというケースも出てきていると指摘。「特に責任感が強く真面目なビジネスパーソンほど『帰れ、帰れ』と言われることをプレッシャーに感じることが多く、精神的に追い詰められる」傾向もあるとしている。

Twitterには、

“ジタハラってマジで言ってるんだろうか…
時間内に終わるように仕事組み立てる頭使うのも仕事のうちじゃないのかねぇ?
なんでもハラスメント扱いして被害者ヅラする風潮はどうにもなぁ。”
“これで契約時間下回るならハラスメントだけど、月末の残業調整で言われるなら、自身の時間管理能力不足。”

など、“ハラスメント”という表現には違和感があるという声や、自己管理能力の問題なのではないか、といった意見も散見されるが、

“これは確かにうっせーよね。たしかにあるわ”
“「ジタハラ」めっちゃわかる!!
ほんとムカつく!!”
“ナンセンスな名前だけど、めっちゃあると思うよ。
具体的な策も提示されず、仕事量は変わってないのにとにかく帰れ。
仕事が溜まってくると当然怒られる。”
“早く帰るようプレッシャーかけるだけで何もしてないからね。ほんと、管理職としてのスキルが皆無。”

など、“ジタハラ”を実感する声や上司の手腕を疑問視する声も多数。「働き方改革」ならぬ、「“働かせ方”改革」が求められているのかも?
(花賀 太)


http://news.livedoor.com/article/detail/13950558/



続きを読む
posted by イマカ at 12:09| Comment(0) | NWO | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする